薄毛の原因

男性も女性も薄毛で悩む人は増えています。
男性の原因は男性型脱毛症が多く、頑固ですが、医療行為で治っていく場合が多いです。

 

女性の場合は、原因が頑固ではないですが、多くのことが絡み合っている場合が多く、
それを1つ1つほどいてあげる必要があります。

 

なにかをやるというよりも、何かを減らすことでかなり改善できることが多いですね。
*なお、何かをやって、私3日坊主ですぐ続かないのよという人は、初めから、できないとわかっているものをやるからであって、
これが癖になると何もできなくなるので、できないものやあまり自信がないものは、後回しにするか取り組まないほうがいいです。

 

まあ、なにも改善しないでは、前に進みませんが、やるだけやってみましょう。
・・・・やめることからです。

 

シャンプー剤の量を減らす。
:日本人はきれい好きだから、泡の出るものを多く使いますが、それではカサカサになってしまいます。

 

食べすぎ。
:あとでしんどいと感じるものは好きなものでもダメです。腹7分目程度にしましょう。

 

冷たいもの。体を冷やす地上の野菜。
体を冷やすものは減らしましょう。根菜類は体をあっためます。

 

甘いものと死亡の食べ過ぎ。
少しは必要ですが、適度に

 

摂取不足。
たんぱく質、ビタミン、ミネラルなど。

 

寝不足。
:寝れるときに寝ておきましょう。7時間以上はいらないかな。

 

ストレス。
:体がさび付いてしまうだけです。

 

日焼け。
:朝の10分程度で十分。

 

アルコールとタバコ。
:自分で健康量だと思う程度まで。

 

ヘアダイやブリーチによるカラーリング。
:やってもいいですが極力地肌につけない。

 

加齢。
:効果酸化作用でなるべく抑えたいですが、誰にでも起こることですね。

 

びっくりするのは頭皮マッサージのやりすぎ。
特に頭皮が弱って、髪の状態が悪いときは、マッサージしない!!

 

★詳しくは各項目のページをご覧ください。

 

とにかく、男性は年齢とともにあきらめていく人が多いですが、女性は悩みが深くなっていく人が多いです。

薄毛の原因記事一覧

薄毛を治すにはシャンプー剤を使うなという本がありますが、私も試しましたが、少し厳しいですね。頭皮の状態や髪の長さにもよりますが、べたつきが出たり、匂いが残ってきたりします。初めに良くお湯で流して、できる限り少量のシャンプー剤で1度洗いします。あとはまたよくよく流します。流しが少ない人が多いですね。リンスやトリートメントは必要におおじてですが、あまり地肌につかないように。頭皮に悪いカチオン活性剤が入...

おいしいもはついつい食べすぎたり。後でしんどくなりますよね。これって腸にも体全体にも良いことではありません。おなか減ってないのに友人に誘われて断れないなんて、考えちゃいますよね。「私はお茶だけでいいなら付き合えるよ」なんてなかなか・・・・。食べすぎると、腸は消化しないといけないので一生懸命働いてくれます。そのエネルギーのため血液が腸に・・・・。その間、腸は、免疫力を上げることができません。もうパニ...

きれいにダイエットされている方はステキに見えますよね!ただしダイエットも極端になり、偏った食事や、あまりにも少ない量だと、薄毛の原因になり、見た目にも本人が思ったようになっていないでしょう。肌まで汚いイメージになってしまいます。たんぱく質も、ビタミンも、ミネラルもバランスの良い食事が大切。今の量では、髪の毛を作るのに不足している可能性が大です。多少の量では、基礎代謝のエネルギーに使われてしまいます...

私のお店でも、多くの薄毛で悩む女性の相談を受けます。深く聞くことはこちらからはありませんが、話し出されると、驚くほどの環境が。男女平等で、男性以上のお仕事。家庭での家事や洗濯、子育て。地域のお付き合い。これでストレスフリーなんて言う人がいたらすごいです。これは活性酸素を生み、体全体が錆びていく。髪の毛は細く少なく、癖もひどく。最近では災害が多く起こり、これも大きなストレスを生み出しているようです。...

薄毛に悩む女性は増えています。これは事実です。その中で、ネットをはじめ様々な情報が飛び回っています。育毛を達成するには、その中で正しい知識を実行する必要があります。頭皮のことや生えるメカニズムなどを理解していきましょう。薄毛になってしまう理由も理解しておかないといけないですね。なお、女性が薄毛に大した対策方法を得るのは、口コミが1位になっています。行動で初めてするのは、シャンプーを変えることのよう...

年齢とともに女性ホルモンは減少するといわれています。それで、更年期ごろから薄毛の女性が増えるといわれているのです。一生のうちにスプーン1杯程度作られているという女性ホルモン。大切ですよね。よく男性が女性になりたいとき、女性ホルモンを投与する人がいます。カッコまで女性らしくなっていきますよね!その時髪も増えているような・・・・。ただ、女性ホルモンが原因のすべてではないです。これは、生理が終わった女性...

女性に多い病気の1つに貧血があります。たんぱく質やビタミン、そして鉄分の摂取が少ない人に多いですね。実際私の美容室に来られているお客様で貧血の方は髪の太さが少し細い人が多いです。ただ、貧血を治せば、薄毛が治るかというと、はっきりわからないというのが答えになります。あくまでも薄毛の原因の1つと考えるべきです。ただ、鉄は、ヘモグロビン濃度で評価されていて、酸素を運ぶので、多いほうは細胞が元気になります...

タバコは血管やホルモンに影響を与えます。これにより薄毛になる可能性があります。末梢血管を中心に細くするので血流が落ちます。エストロゲンの産生抑制もおこります。活性酸素を生み出して、毛根の膜を破壊したり、毒性によって毛根自体も攻撃します。喫煙をすると体内に一酸化炭素が取り込まれます。一酸化炭素が体内に入ると、血液中のヘモグロビンとくっつき、ヘモグロビンが酸素を運ぶのを阻害します。そうすると毛母細胞に...

強い紫外線を長時間浴びていると表皮で炎症が起き、活性酸素も生まれます。線維化という現象もみられます。日傘や帽子をうまく使っていきましょう。朝に少し朝日を浴びることは良いです。夜に睡眠のホルモンを一杯出してもらえます。女性用育毛剤選びでポイントは「自分の薄毛の原因にアプローチし、さらに頭皮にあった育毛剤」を選ぶことです。

薄毛は遺伝だとよく聞きます。これは本当なのでしょぷか。はっきりした遺伝は見つかっていないようですが、ないとは言い切れません。特に髪の太さや、くせ毛は遺伝しています。ただ、生活などにより改善することもあり、生活の仕方の遺伝なような気もします。脂っこいものが好きな家族や、辛いものが好きな家族、タバコを吸う家族など。女性用育毛剤選びでポイントは「自分の薄毛の原因にアプローチし、さらに頭皮にあった育毛剤」...

日常生活の中で夜更かしが多かったり、仕事や育児で睡眠不足が続くと日中に受けた頭皮のダメージを修復する事ができなくなります。さらに毛母細胞の細胞分裂が十分に行われず薄毛を促進させてしまいます。髪の毛は寝ている間に血液から栄養を吸収し成長しているので、しっかりと睡眠時間を取ることは重要です。成長ホルモンが働く時間帯が大切です。女性用育毛剤選びでポイントは「自分の薄毛の原因にアプローチし、さらに頭皮にあ...

頭皮の皮膚病にかかっている場合、脂漏性湿疹は脱毛を伴うことがあります。初めは頭皮の炎症や頭皮ニキビと間違えやすいですが、症状が進むとかゆみや大量のフケに悩まされることがあります。頭皮がベタベタしている、かゆみ、フケといった症状がみられたら皮膚科を受診しましょう。べたつきがあるからと言って洗いすぎは逆効果です。

甲状腺機能低下症の場合、重症の方の場合「脱毛」の症状が見られます。実際に薄毛で悩んでいる人のうち甲状腺機能低下症によるものはごく一部ですが甲状腺ホルモンは髪の毛の成長の開始と成長の期間に対する作用があることがわかっています。つまり、甲状腺が不足すると髪の毛が細く弱っていきます。この場合、甲状腺ホルモンを補充することによって良くなる場合がほとんどなので、医師の診察を受けましょう。

塩素は水道水や、プールに使われいいものですが、消毒というより殺菌作用がすごく強いものです。(Cl2)または次亜塩素酸塩を水に加えるプロセスです。Cl2 + H2O is in equilibrium with HOCl + HClばい菌は死んでいくでしょう。ただ、頭皮についたが合い、ばい菌を殺す以外に毛根の細胞を破壊するといわれます。これにより癖が強くなったり、薄毛になったりします。怖いですね!お...

page top