シャンプー剤の量

薄毛を治すにはシャンプー剤を使うなという本がありますが、
私も試しましたが、少し厳しいですね。

 

頭皮の状態や髪の長さにもよりますが、
べたつきが出たり、匂いが残ってきたりします。

 

薄毛・シャンプー

 

初めに良くお湯で流して、できる限り少量のシャンプー剤で1度洗いします。
あとはまたよくよく流します。流しが少ない人が多いですね。
リンスやトリートメントは必要におおじてですが、あまり地肌につかないように。
頭皮に悪いカチオン活性剤が入っていることが多いです。

 

シャンプー剤の種類は、
石鹸系や、高級アルコール系などありますが、アミノ酸系がいいです。
ただしあまり1本3000円以下のものは、品質的にあまりお勧めしません。

 

なお朝シャンは良くありません。
洗った後に睡眠が着たほうが髪が良く成長します。

 

なお、育毛シャンプーというようなものが世の中に氾濫していますが、
ほとんど効果はないと思ったほうがいいです。

 

短時間で育毛成分が定着することはないでしょう。
それよりきれいになろうと、やりすぎが問題です。

 

昭和初期にシャンプーが登場して、昭和30年ごろには液体シャンプーが登場。
朝シャンも流行りましたが、髪にとっては、これらが確実にマイナス要因になってしまいました。

 

シリコンの入っている、入っていないは育毛には関係ないです。
髪が長く傷んでいる人はシリコンが入っている方が良いでしょう。

 

女性用育毛剤選びでポイントは「自分の薄毛の原因にアプローチし、さらに頭皮にあった育毛剤」を選ぶことです。

page top