タバコ

タバコは血管やホルモンに影響を与えます。
これにより薄毛になる可能性があります。

 

末梢血管を中心に細くするので血流が落ちます。
エストロゲンの産生抑制もおこります。

 

活性酸素を生み出して、毛根の膜を破壊したり、毒性によって毛根自体も攻撃します。

 

喫煙をすると体内に一酸化炭素が取り込まれます。一酸化炭素が体内に入ると、血液中のヘモグロビンとくっつき、ヘモグロビンが酸素を運ぶのを阻害します。
そうすると毛母細胞に運ばれる酸素の量が減少し、健康な毛髪が生まれにくくなります。

 

多少の飲酒は良い影響を与えることが多いようです。

 

女性用育毛剤選びでポイントは「自分の薄毛の原因にアプローチし、さらに頭皮にあった育毛剤」を選ぶことです。

page top