ピルが薄毛や抜け毛に効果をもたらす

女性の避妊薬として知られているピルは、月経不順や月経痛などの治療にも使用されるお薬です。
辛い生理を緩和させるためにピルを飲まれる女性も多いですよね。
実はこのピルには薄毛や抜け毛にも効果を期待できると言われています。

 

ピルとは?
ピルには女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類が配合されています。
ピルを服用すると血液中にこれらのホルモン(特に黄体ホルモン)が増え、脳の下垂体にホルモンが作用するとFSHとLHの分泌が抑制されます。
すると卵胞の成熟が抑えられ、卵胞ホルモン、黄体ホルモンの分泌も抑制され、その結果排卵が起こらなくなります。
これが避妊薬としてのピルのメカニズムです。
そして、ピルを正しく服用することで決まった周期で月経がくることになるので月経不順の改善になり、ピルを飲まない状態のよりも女性ホルモンの変動が少なくなることから、自律神経の乱れで起こる月経前症候群が軽くなり月経痛や経血量を減らす働きもあります。

 

避妊以外のピルの効果
ピルは女性の体のホルモンを変化させるので他も様々な働きがあります。

 

その1つが薄毛や抜け毛の予防です。
ピルに含まれる黄体ホルモンは、頭皮や毛根細胞や体の細部にわたり働きかけるホルモンです。
女性はストレスフルになると女性ホルモンバランスが乱れ、それが原因で薄毛や抜け毛になってしまうことがあります。
しかしピルが黄体ホルモンの分泌を安定させてくれることにより、抜け毛が減り、その結果薄毛の悩みにも働きかけてくれます。
ですが、薄毛や抜け毛を減らすためにピルを服用することはリスクがあります。
ピルの本来の服用目的は避妊や月経の症状の改善や婦人科系の病気の予防です。
更にピルは薬であり副作用の心配もあります。

 

吐き気や頭痛、倦怠感や不正出血に繋がる可能性もあるので薄毛や抜け毛対策としてピルを服用することはやめましょう。
ピル女性ホルモンを増加させるので食欲が増加し、太りやすくなるとも言われています。
薄毛や抜け毛を予防するためにこれだけの副作用を抱えるのは釣りに合わないですよね。

 

 

それよりもホルモンのバランスを安定させるために日頃の食生活や質の良い睡眠を心がけることが体にも負担が少なく続けやすい健康管理方法です。

page top